News
鏡を見て、髪を気にする男性

育毛と発毛は時折混同されることがありますが、実際には全く別のものだとして考えておくことが必要です。
ではどういったところが違うのかと言うと、まず育毛と言う場合には「今生えている髪の毛を育てる」ということが目的になります。
そのためどちらかというと薄毛になり始めた頃、髪の毛が細くなり始めた頃に行うべきことだと言えるでしょう。
それに対して発毛と言われた場合には「髪の毛そのものを生えさせる」ということが目的です。
何らかの事情で発毛がストップしてしまった毛根などに対して回復を促し、髪の毛の総数を増やすことが発毛なのです。
もちろん発毛に伴って現在の髪の毛を育てる育毛も行われることになりますが、育毛と比べるとより本格的な薄毛治療であるとして考えなくてはなりません。
この違いはそれぞれの人の状況に合わせて考える必要があります。
先にも述べたとおり育毛は比較的初期の段階で行うことであり、発毛は育毛では既に対処が出来ないほど薄毛が進行している場合に行うべきことだと言えます。
特にそもそも毛根から髪の毛が生えなくなってしまっているのに育毛を頑張っても、高い効果を期待することはできません。
もし髪の毛の総数自体が減ってしまっているのであれば選ぶべきは発毛の方なのです。
さて、それでは自分にとってどちらのケアが必要になるのかと言うことを判断する方法ですが、最も確実なのは専門クリニックの診察を受けることです。
現在薄毛治療に取り組むクリニックは全国各地にあり、そこではさまざまな治療法によって薄毛改善が行われています。
最初の診察では現在の薄毛の進行具合を確認し、どういった治療が必要かの判断が行われることになりますから、育毛をするべきか発毛をするべきか迷った場合には専門クリニックの診察を受けるようにしましょう。

記事一覧
鏡を見て、肌に落ち込む女性

育毛ということでよく使用する製品の候補に挙がるのが育毛剤と育毛シャンプーのふたつです。 どちらも髪の...

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ